渡航前にデジタル陰性証明 ワクチン接種歴も


PCR検査の結果などをアプリで表示できる「デジタル証明書」の実証実験が、羽田空港で飛行機の搭乗者を対象に行われた。

デジタル証明書の「コモンパス」は、新型コロナウイルスのPCR検査結果やワクチンの接種記録をスマートフォンのアプリで表示できるもので、世界経済フォーラムなどと連携した非営利組織が開発を進めている。

羽田空港で29日朝、日本で初めての実証実験が行われ、羽田発ニューヨーク行きの全日空便で、搭乗者は検査証明を通常の紙ではなく、アプリで表示し搭乗した。

デジタル証明書が今後、世界各国で使用されれば、出入国の迅速化が進む。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース