聖火リレー 栃木2日目 栃木ゆかりのU字工事、田臥勇太選手ら 「密」回避呼びかけ


東京オリンピックの聖火リレーは、栃木県内の2日目を迎えている。

U字工事・益子卓郎さん「第1走者が僕で、ごめんね、ごめんね~!」

聖火は29日朝、晴天の中、栃木・那須町を出発し、第1・第2走者は、栃木県出身で「とちぎ未来大使」でもあるお笑いコンビ「U字工事」の2人が務めた。

29日は、県内8つの市と町をめぐる予定で、午後には、世界遺産の日光東照宮を通過し、栃木県のプロバスケットボールチームでプレーする田臥勇太選手らも走る予定。

28日に沿道で初めて「密」状態が発生したと発表した大会組織委員会は、早めの密回避を呼びかけ対応を強化する方針で、解消されない場合には、その場所を飛ばして、次に進むこともあり得るとしている。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース