志村けんさん死去から1年 2021年夏には銅像も

志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなって、3月29日で1年となる。

志村さんの中学校の同級生「同級生なんですよ。急に亡くなったから、周りもびっくりして」

東村山市民(10代)「どこに住んでるの? って聞かれたら、志村けんが住んでるところって言ってた。(1年)早かったです。テレビで見てショックだったの覚えてる。もう1年たつのかって」

70歳で亡くなった志村けんさんの一周忌法要は、28日、母の和子さん(享年96)の七回忌とともに、遺族のみで行われた。

志村けんさんは、出身地の東京・東村山市の名誉市民になることが決まっていて、「アイーン」のポーズの等身大銅像が夏に設置される予定。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース