北朝鮮が国連安保理けん制 「必ず相応の対応措置」

国際


国連安保理開催に、北朝鮮が反発。

北朝鮮が3月25日に国連安全保障理事会決議で禁止されている短距離弾道ミサイルを2発発射したことを受け、安保理は、近く緊急会合を開く予定。

これに対し、北朝鮮メディアは29日朝、外務省の国際機構局長の談話を報じ、「世界の国々が軍事力強化を目的に発射体を打ち上げているが、わたしたちだけ問題視するのは話にならない」と反発した。

そのうえで、「主権国家の尊厳と自主権の侵害、国連憲章の乱暴な違反だ」と批判し、「われわれの自衛権の行使を侵害しようと試みれば、必ず相応の対応措置を招く」と警告している。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース