【独自】なぜ柵登りマンション侵入 扉開くと台車を引き入れ...


マンションの敷地内を歩く人物が、突然フェンスに上りマンション内に侵入。
一体何者なのか。

映像は2021年1月25日、神奈川県内のマンションで撮影された。

マンションの敷地内を歩く人物、そして近くには荷物が載った台車が確認できる。

実はこの台車のすぐ左側には、オートロック式の出入り口がある。

しかし、この人物は出入り口とは反対側に向かい、柵に足をかけ登り始め、そのまま画面から姿を消した。

それから約40秒後、マンションの扉が開く。
出てきたのは、なんと先ほどの人物。

そのあと、荷物を置いた台車を手際よくマンション内に入れていった。

一体どういうことなのか。

今回の行動について、マンション関係者はこう推測する。

マンション関係者「置き配するためだと思います。宅配ボックスもそんなに大きいものじゃない。大きい荷物は入らないので、上がってしまったんだと」

このマンションでは、宅配ボックスが出入り口横に設置されている。

しかし、問題の人物はこれを利用しないばかりか、フェンスや配管に登ってマンションに侵入し、各部屋の前に荷物を配達したとみられている。

配達員は柵へ足をかけ、配管をよじ登り2階へ上がっていったとみられている。

問題の人物が登ったフェンスの上にある配管周辺にも異変が確認できた。

配管の留め具の部分は通常垂直だが、何度か登られたせいか、かなり曲がっているのがわかる。

配達員とみられる人物の行動は、マンションの関係者が見知らぬ人物の訪問を不審に思い、防犯カメラを確認し明らかになった。

マンション関係者「とにかくびっくりした。そんなことまでして荷物を配達しなくちゃいけないのかと思って」

元東京地検特捜部副部長・若狭勝弁護士「当然マンションという建造物の中に侵入しているということなので、建造物侵入罪ということで成り立ち得るとは思います」

警察に被害届を出す予定だというマンション関係者は、問題の人物に対しこう憤る。

マンション関係者「配達員としてのマナーですよ。配達することは大切だと思うが、そこまでしてやらなくていいのではないか」

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース