座礁のコンテナ船 6日ぶり航行再開 スエズ運河

国際


エジプトのスエズ運河で座礁していた大型コンテナ船が、6日ぶりに動き出した。

3月23日からスエズ運河をさえぎるように座礁していたコンテナ船は、日本時間の29日正午ごろからタグボートなどによって船体の向きを変え始め、日本時間の午後10時ごろ、6日ぶりに航行を再開した。

運河を管理するスエズ運河庁も、コンテナ船が離礁したことを正式に発表した。

運河全体の通航もまもなく再開するとみられるが、これまで運河を通れず待機していた船は360隻を超えていて、混雑が解消するまでには数日かかるとの見方がある。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース