二階幹事長 野党をけん制 内閣不信任案なら「解散で...」


自民党の二階幹事長は29日、記者会見で、野党が内閣不信任案を提出した場合、「解散で立ち向かうべきだ」として、衆議院の解散・総選挙を菅首相に進言する考えを表明した。

自民党・二階幹事長「自民党幹事長としては、そうした場合(内閣不信任案提出)には、私は直ちに解散で立ち向かうべきだというふうに進言をしたい」

二階氏は、内閣不信任案提出の検討に言及する野党に対し、「解散を望むなら、われわれは受けて立つ。不信任案を出す限り、与党は解散に打って出る覚悟を持っている」と述べ、野党を強くけん制した。

一方、自民党の総裁選挙については、「菅首相が再選に向けた決意を新たにした場合、党は全面的に支援をすることを考えている」と述べた。

(FNNプライムオンライン3月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース