“まん防”に大阪の飲食店は... 複雑な思いも


大阪府の吉村知事は、飲食店に対して、罰則つきの時短営業の命令ができる「まん延防止等重点措置」の適用を、全国で初めて政府に要請する考えを示した。

こうした動きについて、大阪の飲食店などからは、複雑な心境が聞かれた。

大阪府の吉村知事は、「第4波に入った」という認識を示し、「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する方針を明らかにしている。

新たな動きに街の人は。

会社員「何もしないよりはいいと思うけれど、あくまでも形をつくるための措置ですよね。いまさらという感じで、ぴんとこない」

大学生「緊急事態宣言の時も、周りが外に出ていてあまり変わっていなくて、ずっとやんわり続けていても、あまり変わらないかな」

2020年11月から時短営業が続く大阪市の飲食店は、複雑な思いを抱えている。

トロモモ天満店・石原敬大店長「そろそろ解除してもいいのかなと思うけれど、難しい。(命令を)守った中で、どういった営業ができるのか、うちもほかの飲食店も模索して、いろいろ考えて」

大阪天満 餃子イエスタデイ・増田雄市店長「罰あるらしいでっていうのがまん延防止? 一応、その辺は言うこときいておこうかと思っているが、罰はきついなと」

(FNNプライムオンライン3月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース