USJ 50人出向受け入れへ 「JTB」など2社から...


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、新型コロナウイルスの影響を受ける大手旅行会社の「JTB」など2社から、社員の出向を受け入れることを決めた。

USJによると、一時出向を受け入れるのは、「JTB」の社員や、「日本航空」の関西空港での窓口業務などをしている「Kスカイ」の社員ら、あわせておよそ50人。

JTBと日本航空が、USJのパートナー企業であることから、出向が実現したという。

期間は、4月からの1年間で、チケットの販売などパーク内の運営業務を行う部署に配属される。

USJは、異業種の社員を受け入れ、新たなアイデアを吸収したいとしている。

(FNNプライムオンライン3月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース