営業時間わざわざ確認 厚労省23人 深夜の送別会 銀座の居酒屋 マスクなし


厚生労働省の職員が23人という大人数で行っていた送別会で、新たな事実が発覚した。

こともあろうに、わざわざ深夜まで営業している店を探して予約していたことがわかった。

田村憲久厚労相(56)は、ひたすら頭を下げる1日となった。

田村厚労相「私からも深くおわび申し上げます。申し訳ありません」

理由は、厚生労働省で高齢者医療などを担当する老健局の職員23人が、東京・銀座の居酒屋で開いた送別会。

3月24日、送別会は午後7時すぎから始まり、時短要請の午後9時をすぎても続行。

参加者のうち十数人は、日付が変わる午前0時直前まで飲食をしていたという。

送別会は、地下鉄銀座駅から徒歩3分のところにある居酒屋で行われた。

会場は、黒豚のしゃぶしゃぶが売りの居酒屋。

その様子をとらえたとみられる写真には、小さなテーブルを3人が囲み、マスクなしで談笑する参加者の姿があった。

今回の送別会は、政府が発表した感染リスクが高まる5つの場面のうち、3つに該当。

田村厚労相は、早急に関係者を処分する考えを示した。

田村厚労相「緩みがあったとしたら、これは言語道断であります。国民の皆さま方から見れば、常識を逸する行為である」

厚労省の老健局の局長は、職員が午後11時まで営業している店であることを確認したうえで予約をしたことや、毎月積み立ててきた給料の一部を会費に充てたことなどを明かした。

今回の事態に、与党からも批判の声が上がっている。

自民党・世耕参院幹事長「はっきり言って怒りに震えました」

公明党・山口代表「わが耳を疑うくらいびっくりした。考えられないこと」

野党は、田村厚労相の監督責任も追及する構え。

立憲民主党・安住国対委員長「国民に非常に自粛を強いておきながら、自分たちは銀座で23人で大宴会かよと。自分たちが自ら破っていたら、政府を誰も信用しなくなる」

街の人もあきれ顔。

50代「自分たちが(自粛を)言う側なのに、何をやってるの? まず自分たちが行動してみせないと。ちゃんとやっているわたしたちは何?」

20代「我慢している身としては、許せないという思い」

話を聞いたのは、東京・銀座の日本料理レストラン「GINZA KUKI」。

午後9時以降の客への対応について、苦しい胸の内を明かす。

GINZA KUKI・永井清文アシスタントマネジャー「事前にお会計をいただいて、スムーズに時間通りにご退席いただけるようには私どもも心がけておりますが、実際になかなか席を立たないとなると、切に訴えるしかないと思っておりますが、(厚労省職員の会合は)残念ですとしか言いようがないです。しっかりと考えて行動していただけたらと思います」

国民に自粛を呼びかける側の対応が、あらためて問われている。

(FNNプライムオンライン3月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース