区役所課長がマタハラ 「妊娠タイミング最悪」


「妊娠するタイミングが最悪だ」と発言し、懲戒処分された。

停職3カ月の懲戒処分を受けたのは、大阪市住吉区の政策推進課長の男性職員(58)。

大阪市によると、男性職員は、住之江区役所で課長職を務めていた4年前、部下の女性職員に、「何月に妊娠しろ。そうすれば、別のフロアに変えてやる」といった、マタニティーハラスメントをしていたという。

その後、女性職員が妊娠したことを男性職員に報告すると、「どれだけ職場に迷惑がかかるかわからないのか。妊娠するタイミングが最悪だ」などと発言したという。

当時は、上司が口頭で注意するにとどまり、別のパワハラ発言などが度重なって、今回の処分に至ったという。

(FNNプライムオンライン3月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース