ルネサス 火災前まで回復は3~4カ月 さらなる半導体不足懸念

経済・ビジネス


火災前の出荷水準に戻るには、3~4カ月かかる見通し。

半導体メーカーの「ルネサスエレクトロニクス」は、3月19日に発生した火災により、生産停止中の茨城・ひたちなか市の工場について、火災前の出荷水準に回復するのは、3~4カ月かかる見通しを明らかにした。

生産再開については、目標としていた1カ月以内に実現できる可能性が高まっているという。

一方、自動車各社が30日に発表した2月の国内の生産台数では、世界的な半導体不足による生産調整が影響して、ホンダやSUBARUが2020年の同じ月と比べ、3割以上減少していて、工場火災によるさらなる影響が懸念されている。

(FNNプライムオンライン3月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース