午後9時までの店に深夜まで居座りか 担当者ら“更迭” 厚労省23人会食


厚生労働省の職員23人が深夜まで会食していた問題で、主催した担当課長は、事実上の更迭となった。

会食が行われた店の責任者は、取材に対し、午後9時には終了する予定だったと話している。

居酒屋の責任者「21時までという、東京都の条例に従ったうえでやっておりました。コースのご予約とお教えいただいておりましたので、21時には終わる予定で進めさせていただいておりました」

この問題は、厚労省の老健局の職員23人が、3月24日の夜に送別会を行い、翌午前0時近くまで飲食していたもので、店側は、東京都の要請に従い、午後9時には終了する予定で進めていたという。

厚労省によると、会食では、コースが終わったあとも、個別に食事などを注文していたという。

会を主催した担当課長は、「軽率で浅はかだった」と反省の弁を述べ、減給1カ月の懲戒処分と、事実上の更迭となる大臣官房付に異動になっている。

(FNNプライムオンライン3月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース