大阪から要請あれば 政府“まん防”早期適用へ


政府は、新型コロナウイルスの感染が再び急拡大している大阪府に、まん延防止等重点措置を初めて適用する方向で調整に入った。

国会記者会館から、フジテレビ政治部・村上真理子記者が中継でお伝えする。

まん延防止等重点措置について、政府高官は「大阪府から正式に要請があれば、政府は断らない」と述べ、慎重姿勢から早期の適用方針にかじを切ったことを明らかにしている。

政府内からは当初、まん延防止等重点措置の適用は、「時短要請の効果を見極めたうえで」などと、慎重な声が多く聞かれた。

しかし、30日の大阪府の新規感染者数が432人と急増したことを受け、検討のスピードが一気に速まり、政府の分科会の尾身会長は31日午前、「大阪府に関して、感染レベルは『ステージ4』に近づきつつある。まん延防止等重点措置の発令を検討する時期に来ていると思う」と述べた。

政府は31日夜、菅首相と関係閣僚の協議を行ったうえで、早ければ4月1日にも行われる大阪府からの正式要請を受け、専門家の意見を聞くなど、全国初となる適用の手続きに入る見通し。

具体的措置としては、時短要請を午後8時までとする案などが検討されていて、今後、対象地域などについて、慎重に調整を進める見通し。

(FNNプライムオンライン3月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース