まん延防止等重点措置 大阪府に初適用へ 菅首相、あす決定の考え示す


新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、菅首相は4月1日、政府の対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置を大阪府に初適用する考えを示した。

時短営業などを罰則付きで命令できる、まん延防止等重点措置の初適用は、大阪府からの要請を受けたもので、政府は、4月1日、専門家などから意見を聞く分科会を開催したうえで、衆参両院の議院運営委員会に報告し、夕方にも開かれる対策本部の会合で正式決定する。

政府関係者によると、重点措置の期間は、4月5日から3週間程度とする方向で調整が進められていて、罰則付きの時短営業は、午後8時までとなる見通し。

政府と大阪府は今後、適用期間や対象地域などを検討する詰めの作業を急ぐことにしている。

(FNNプライムオンライン3月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース