「スシロー」がタイに進出 戦略は 「日本式」貫く狙い

経済・ビジネス


日本で展開している回転ずしを、“そのまま”海外に持っていった。

オープンに合わせ、200メートルほどの行列ができたのは、回転ずし「スシロー」のタイ1号店。

開店は日本らしく、“鏡開き”で。
従業員は、日本語のあいさつで出迎える。

店内は、待ち時間短縮を考えて、かなり広めに。

スシローとしては世界最大となる、350席を設けた。

それ以外は、まるで“日本”のスシロー。

来店客は早速、マグロやサーモン、ネギトロと日本でおなじみの味に舌つづみ。

ネタやシャリも、すべて日本のものを使うことにこだわったという。

価格帯は、日本円でおよそ140円から。

物価水準が日本の3分の1から5分の1といわれるタイでは、決して安い値段とは言えないが、評判は上々。

来店客「日本食の大ファンなんだ。オープンしたてだし、魚がとても新鮮だよ」、「スシローは日本へ旅行に行ったら、まず最初に行くレストランよ」、「質が高くて味も良くて値段も手頃で、とてもいいね」

運営するスシローグローバルホールディングスは、10年前から、韓国や台湾・香港・シンガポールとアジアでの事業を拡大。

3年前には、全売り上げの1%だった海外事業だが、今期は10%が見込まれており、期待を寄せる事業。

スシロータイランド・吉田司社長「今のところ、ほかの海外の出店においても同じ戦略で、現地の人に受け入れてもらっているので、われわれとしては、おいしい寿司を世界の人たちに、それぞれの国の人に楽しんでもらえるように頑張っていきたい」

日本の回転ずしで、世界を狙う。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース