公立小「35人学級」改正法成立 5年かけすべての学年で実現へ


3月31日、参院本会議で、改正義務教育標準法が可決・成立した。

公立小学校の「35人学級」が、すべての学年で実施されることになる。

改正義務教育標準法は、公立小学校の1クラスの上限人数を40人から35人に引き下げるもので、現在は、小学1年生に導入されている「35人学級」が、すべての学年に広がる。

改正法は4月1日に施行され、「35人学級」は小学2年生から順番に、5年間かけて実現される予定。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース