インドネシア警察本部銃撃 射殺の女 SNSに「イスラム国」の旗投稿

国際


インドネシアの首都ジャカルタの警察本部で、3月31日、武装した女が発砲し、その場で射殺された。

警察によると、31日午後、ジャカルタの国家警察本部の敷地内に侵入した25歳の女が、警察官に向けて6発発砲し、銃撃戦の末、射殺された。

警察が女の自宅を捜索したところ、遺書が見つかったほか、犯行前の女のSNSには、過激派組織「イスラム国」の旗などが投稿されていた。

警察は、女が「イスラム国」に共感し、1人で犯行に及んだとみて捜査している。

インドネシアでは、4日前にもキリスト教の教会で自爆テロがあり、信者およそ20人が負傷している。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース