宮城県 一転検討要請へ きのう過去最多感染者


政府は新型コロナウイルス対策の基本的対処方針分科会を開き、4月5日から1カ月間、大阪府、兵庫県、宮城県に対し「まん延防止等重点措置」を初めて適用する方針を示した。

「まん延防止等重点措置要請の考えはない」としていた宮城県の村井知事は一転して、検討対象にすべきと考えを示した。

村井知事は1日朝、「今の対策だけではかなり厳しい。大阪よりも宮城が状況厳しい。宮城も検討の土台にのせてほしいとお願いしている」と話し、まん延防止等重点措置について、「宮城県も検討対象とすべき」との考えを政府に伝えたことを明かした。

宮城県では3月31日、過去最多となる200人の新規感染者が確認されていた。

宮城県民は「(まん延防止)本当に効果があるなら、ぜひやっていただきたい」、「今やっておかないと、2週間後もっと大変な結果になると思う」などと話した。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース