福島県庁に「TOKIO課」新設 城島社長「世界に発信目指す」


株式会社TOKIOの設立に合わせて、福島県庁にTOKIO課が1日からスタート。

4月1日から福島県庁の企画調整室課内に新たに設置されたのは「TOKIO課」。

東日本大震災以降、TOKIOが福島の農林水産物の魅力や安全性を伝えるCMに出演するなど、協力タッグを組んでいたこともあり、新たなプロジェクトとして復興支援などに一役買うという。

そのTOKIOの長瀬智也さんは、3月31日をもってジャニーズ事務所を退社。

リーダーの城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんの3人は、「株式会社TOKIO」を設立し、新たな一歩を踏み出した。

新会社を紹介する動画では、福島県の森で木を伐採し、厚さ12mmの木製名刺を製作。

大きくデザインされた「K」の文字はメンバーを象徴する3本の木を表していて、中央の赤い部分は3本の木を結ぶ絆が表現されている。

社長の城島さんは、「世界に発信する株式会社TOKIOを目指し、社員一同、全力を尽くしまい進する所存です」と新たな決意を掲げている。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース