東京ディズニー 入園2万人に “緩和の春”襲う変異ウイルス


新年度に入った4月1日。
東京ディズニーランドでは、初めての本格的な屋内シアターとして、「ファンタジーランド・フォレストシアター」がオープンした。

オリエンタルランドは1日から、東京ディズニーランドの営業を午後8時まで、ディズニーシーを午後9時までに延長。

また、入園者数の上限も、1万人から2万人に引き上げた。

多くの人でにぎわい、一部には行列もできた園内。

今回の人数の緩和に、来園者には、複雑な気持ちもあるようだった。

ディズニーシー来園者「人すごいいるなというのがあった。5,000人の時は、周り見ても閑散としている感じだった」、「入園待ちした。きょうは30分くらい」

首都圏に日常が戻りつつある中、東京都では1日、新たに475人の感染が確認された。

その東京で懸念されているのが、変異ウイルスの存在。

厚生労働省の調査によると、これまでの変異ウイルス感染者は、3月30日時点で34都道府県あわせて678人にのぼっているが、東京は、比較的少ない数にとどまっている。

しかし東京の医師は、水面下での変異ウイルス拡大を指摘する。

昭和大学病院・相良博典院長「いま東京都の中でも、現時点で10%くらいしか調べられていない。きちんとまだ把握していないのが現状。より多くの人たちが、変異株に感染しているのではないか」

この病院が自主的に検査したところ、コロナ入院患者11人のうち、少なくとも5人が変異ウイルスに感染していたことが判明。

いわば“隠れ変異ウイルス”が広がっている可能性が浮上した。

コロナ感染者に対する変異ウイルスの検査数は、兵庫県では6割を超えているものの、東京都は1割程度。

政府は、全国で4割まで高める方針。

検査数が少ない理由について、小池都知事は「東京都の場合は民間による検査数が多く、検体を届けてもらうなどの協力が必要となる」と説明している。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース