「総額表示」きょうから義務化 「ややこしい」店ごとバラバラ


4月1日から店舗での値段は、税込みの総額を表示するよう義務化された。

税抜き価格のみは、認められない。

商店街で混乱は起きていないのだろうか?

3月31日にも取材した東京・品川区の商店街に再び向かうと...。

イタリア料理店で31日には、テイクアウトピザが「600円+TAX」と書かれていた看板が...。

小澤陽子キャスター「昨日のイタリアンレストランです。表示が変わっています。税込み表示の650円になっていますね」

シラスがたっぷりのった石窯(いしがま)ピザは、税込み価格で表示されているため、これまでよりも金額がわかりやすくなっている。

では、総額表示で値札はどのように変わったのか?
商店街のさまざまな店を調べた。

小澤陽子キャスター「こちらはドーナツ屋さんですね。看板はすべて税込み表示になっています」

ドーナツの価格をすべて税込み価格のみにしたことで、ある懸念が。

フロレスタ戸越銀座・堀秀平オーナー「どうしても値上げしている感じが出ちゃう」

一方、おでんを売るお店では、税抜き価格(80円)とともに、税金込みのテイクアウト(税込み8% 86円)、イートイン(税込み10% 88円)の3種類の金額が書かれていた。

後藤かまぼこ店・後藤直美さん「ややこしいし、わたしたちも売りづらいし、お客さんも結構迷われるところではある」

さらに、キムチを売る店は、税込み価格(オイキムチ1本 216円)の下に税抜き価格(200円+税)を明記していた。

こうした状況に、50代主婦は「総額を一番大きくするとか、統一するものが決まっていないと混乱する」と話した。

戸越銀座商店街だけでも、さまざまな総額表示が見られ、現場の困惑ぶりが表れていた。

では、日頃から利用する頻度が高いスーパーではどうなのか。

取材したスーパーでは、手ごろ感を出すために税抜き価格を大きく強調し、税込み価格は小さく表示している。

消費税法では、税抜き税込みを合わせて書くことが認められていて、このスーパーでは、税抜き・税込み2つの価格を表示した。

夕方の買い物時間、値札をじっと見つめる人やぱっと見て手に取る人など、さほど混乱は見られなかった。

買い物客からは、「これ助かりますよね。見やすいし、レジを打ってから表示を見るよりわかりやすい」、「やっぱり本体価格の方が目がいきますけど。税込み価格を上にしていただきたい」といったさまざまな声が聞かれた。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース