15匹の安楽死にさまざまな声 なぜ? 動物公園の“決断”


岩手・盛岡市の「盛岡市動物公園ZOOMO」がとった、ある動物への対応に波紋が広がっている。

大きな耳に、くりくりとした目のウサギ。

この動物公園には、15匹のカイウサギがいたが、現在、獣舎は空っぽ。
1匹もいない。

そこには、苦渋の決断があった。

盛岡市動物公園・辻本恒徳園長「この感染症、病気。何回か治療していますが、根絶できないだろうと」

2020年11月、数匹のウサギが、パスツレラ症という病気に感染した。

動物から人間にも移る病気で、子どもや高齢者、免疫力が低下した人などの場合、死亡するケースもある。

動物公園は、注射や消毒などの対策をとったが、感染は止まらず。

そして2020年12月、園は議論の末、15匹すべてを安楽死させた。

症状のないウサギもいたが、ほかの動物にも広がるおそれがあることから決断。

これに対し、インターネット上に相次いで投稿されたのは、「ひどすぎる」といった批判や、「さぞつらい判断であったでしょう」と理解を示す言葉だった。

園側は、どう感じているのだろうか。

盛岡市動物公園・辻本園長「命との向き合い方は、さまざまな方法があるので、理解をしてくださる方、なかなか理解できないという方がいることは、現実として、われわれも受け止めて、次につなげていきたい」

動物公園では、対策の強化に努めるとしている。

(FNNプライムオンライン4月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース