自動運転「レベル4」実現へ論点整理 運転主体は「システム」


すべての操作を車のシステムが行う自動運転「レベル4」の限定地域での移動サービスについて、警察庁の有識者検討会が、ルールの在り方を示した報告書を取りまとめた。

報告書は、「レベル4」について、まず、限定された地域でのバスなどの移動サービスを想定し、事前にサービスの提供事業者を審査して、問題がある場合は排除する仕組みが必要と提言している。

一方、安全確認や操作はシステムが行うため、遠隔で監視する担当者の運転免許は必要ないと指摘している。

政府は、2022年度ごろの実用化を目指していて、警察庁は今後、制度を整備していく方針。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース