聖火リレー“中止” 大阪「がっかり」「仕方ない」


大阪市内の聖火リレーが中止の方向で最終調整されていることを受けて、大阪の街では、さまざまな声が上がっている。

大阪の街の人は「やる方がいいけど、しょうがない部分があると思いますね」、「気の毒ですよね、できたらやってほしいと思いますけど。こんだけ(新型コロナが)広がってたら、仕方ないんじゃないかな」などと話した。

大阪市内で聖火リレーを走る予定だった島津眞理さんは、水泳選手として、1980年のモスクワオリンピックを目指していたが、日本のボイコットで夢を絶たれた経験があった。

聖火ランナー・島津眞理さん「とにかくがっかりです、残念ですよね。やっぱり走りたかったな。聖火の火はつなげてこそ、価値があると思うので」

吉村知事は、今後、大阪市や組織委員会と協議するとしている。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース