加藤官房長官「厳に慎むべき」 首相官邸で“10人以上”と会食


坂井官房副長官が1日、首相官邸で、菅首相に近い議員10人以上と会食していたことについて、加藤官房長官は坂井副長官を注意したことを明らかにした。

坂井副長官は1日、首相官邸で、自身が会長を務める菅首相に近い議員のグループ「ガネーシャの会」の13人で会合を開き、弁当を食べていた。

これについて2日の国会で、野党の追及を受けた。

立憲・柚木衆院議員「“まん防”適用を総理がお願いした同じ日に、官邸でお昼ご飯? そのことを問題視している。自覚はおありか」

坂井官房副長官「配慮足りなかった部分は反省し、今後の対応配慮ふまえて行っていきたい」

また、加藤官房長官は会見で、坂井副長官に対し、定期的な議員の会合を官邸で開くことには配慮が必要だと注意したことを明らかにした。

加藤官房長官「批判をされうる行為は厳に慎むべきだと申し上げた」

坂井副長官は、会合ではコロナ対策などを話し合い、食事は4つのグループに分かれてとったと説明している。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース