聖火リレーに女人禁制区間 地域の伝統か 五輪精神か


聖火リレーのコースをめぐって“ある騒動”が起きていた愛知・半田市。

半田市によると、4月6日に行われる聖火リレーのうち、半田運河を舟で通る約200メートルの区間を男性限定で行う予定になっていたという。

半田市健康子ども部スポーツ課・加藤計志課長「もともと『ちんとろ舟』というものが地元の祭礼で男子限定ということで」

江戸時代末期から続く、五穀豊穣(ほうじょう)を願う「ちんとろ祭り」。

聖火リレーでは祭りに使われる「ちんとろ舟」に乗って聖火を運ぶ予定だったというが、この舟は伝統的に女人禁制のもの。

そのため聖火リレーも、舟に乗る区間は男性限定にしていたという。

これについて、市民からはさまざまな声が聞かれた。

女性「変えていってもいいと思うよ。今の時代だからね」

男性「イベントと神事を一緒にしちゃったというのが、今回の問題ではないかなと思う。イベントとして割り切ることができるなら、女性の参加もいいのかなと」

女性「今までがそう(女人禁制)だったんでしょう? 事情があるんでしょうね、昔からの何かが」

愛知県の実行委員会は「配慮が足りなかった」と釈明している。

聖火リレー愛知県実行委員会・舛田崇事務局長「伝統文化とオリンピックのジェンダーの話を両立させるというところに至らなかった。齟齬(そご)が生じてしまったのは配慮が足りなかった」

一方、祭りの関係者は「ちんとろ舟も時代に合わせて変化しつつあり、今回の聖火リレーも変わるひとつのきっかけになる」と話している。

ちんとろ祭り相談役・白岩辰巳さん「今は山車の囃子(はやし)も女性の方が吹いてるんです。今度は『ちんとろ舟』の方がそういうチャンスかなと思っております。神事の時にも(女性を)乗せるというのは、今後の検討の中でします」

男女平等をうたうオリンピック精神。
市は急きょ、女性も参加できるように調整しているという。

半田市健康子ども部スポーツ課・加藤計志課長「祭りとは切り離してイベント行事という中で、女性の方にも『ちんとろ舟』に乗船していただこうとということで、今は地元の方と協議しております」

今回の“女人禁制”聖火リレー騒動について、大会組織委員会の橋本聖子会長は...。

オリンピック組織委員会・橋本聖子会長「日本の素晴らしい伝統文化というものを守りつつも、ジェンダー平等というものに配慮していただいたということで、大変感謝をしているところです」

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース