なぜ? 車の前にヒグマが... ドライブ中に驚きの光景


車の前を走るのは、大きなヒグマ。

クラクションを鳴らし、危険を伝えるが、白い息を吐きながら、前に進み続けている。

ヒグマが現れたのは、まだ雪が残る北海道の国道。

走っていた車の前に、突然飛び出してきたという。

クマはしばらく走ったあと、ようやくクラクションの音に反応したのか、道路脇の林へと消えていった。

春にかけ、徐々に増えてくるクマの出没。

しかし2021年は、早めの警戒が呼びかけられている。

年間を通して、4月はクマの出没や人への被害が多い時期だが、2021年は雨や気温の上昇などで、雪解けが進んでいる。

そのため、クマの冬眠明けが早まり、出没件数が増えるおそれがあるという。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース