坂井副長官が官邸で“13人弁当会食” 「配慮足りず反省」も批判続出


首相官邸に議員を集めて、弁当会食を行った坂井官房副長官に批判が相次いでいる。

坂井副長官は1日、官邸内に菅首相に近いグループの議員を招き、13人で会合を開いたが、議員グループの会合を官邸で行ったことと、食事をともなったことに、与野党から批判が続出した。

自民・佐藤総務会長「やはりやってはいけないこと。猛省を促したいと思う」

自民・世耕参院幹事長「はっきり言って適切ではなかった。疑念を持たれるような会食自体も行うべきではなかった」

立憲・枝野代表「責任を取って辞職をされるのが当然。弁当とはいえ、食事をともにする?」

一方、坂井副長官は1日夜、分かれて弁当を食べたことを説明し、「何が問題なのか」と述べたが、加藤官房長官からは注意を受け、2日の国会で「配慮が足りなかった分は反省する」と答弁した。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース