台湾で列車脱線 50人が死亡 救助作業難航

国際


台湾で列車の脱線事故が発生し、50人が死亡、日本人を含む146人が負傷した。

台湾東部の花蓮県で、2日午前、特急列車の脱線事故が起き、台湾当局は2日夜、運転士を含む50人が死亡、146人が重軽傷を負ったと発表した。

大使館にあたる日本台湾交流協会によると、日本人の50代の男性と20代の娘も病院で手当を受けたが、軽傷だという。

乗客「通路側に座っていて、床に投げ出された」

列車は、トンネル内の壁に衝突して、一部の車両が大きく変形し、救助作業は難航した。

事故原因について、現地メディアは、ブレーキが不十分だった工事用車両が斜面を滑り落ちて線路に入り、走ってきた特急列車と衝突したと伝えている。

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース