河野大臣が霞が関の公務員に 適切な勤務管理を呼びかけ


サービス残業をなくすため、すべての残業に手当てが支払われることになった霞が関の公務員について、河野大臣が懸念を口にした。

河野大臣「最近ちらほらと...えー、超過勤務が...なんというか増えたというか。まさかそんなことはないと思うが」

河野大臣は、「これまで超過勤務をしていなかったのが、急にやるようになったという話を聞く」と述べ、残業代目当ての超過勤務の増加への懸念を示した。

そのうえで、業務のない者の早期退庁など、適切な勤務管理を各府省に呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース