倉本聰さん「元気にしていると...」 「北の国から」田中邦衛さん死去


2日、突然の訃報が伝えられた俳優の田中邦衛さん。

その田中さんの代表作の1つ、フジテレビのドラマ「北の国から」を手がけた倉本聰さんが3日午前に取材に応じ、田中さんとの思い出などを語った。

倉本さんは田中さんの訃報について「全然知らなかった。ニュースを聞くまで知らなかった。すごく元気にしていると連絡をもらっていた」と述べ、「(「北の国からで」)矛盾の中で翻弄(ほんろう)される人を描きたい。それを邦衛さんが素朴にやってくれた。衣装のまま歩き回って、おじいちゃんやおばあちゃんに声をかけたりしながら、どんどん富良野市民になっていった」と当時を振り返った。

また、「彼は家族が一番大事。家族第一主義で、家族を愛していました」と述べた。

(写真: 時事)

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース