イラン核合意 アメリカの復帰に向け会議開催へ

国際

イラン核合意をめぐり、関係国がアメリカの復帰に向けた協議をオーストリアで開くことを決めた。

核合意の当事国であるイギリスやフランス、ロシアなどとイランの高官が2日、オンラインで会合を開き、2018年に一方的に離脱したアメリカについて、「復帰に前向きに取り組む」としたうえで、4月6日にオーストリアのウィーンで新たな協議を開催することを決めた。

ウィーンでは、アメリカも各国と個別に協議するが、イランとは、EU(ヨーロッパ連合)を介した間接的な協議になる見通しで、緊張緩和につながる道筋を描けるかが焦点。

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース