あさってから“まん延防止”各地の様子は 花見客も...


4月最初の週末を迎え、ルールを守りながら花見をする人が多いものの、中には、自治体の担当者から自粛を呼びかけられるグループも見られた。

各地の3日を取材した。

新型コロナウイルスの感染者の急増で、5日から、兵庫県、宮城県とともに、まん延防止等重点措置が適用されることが決まった大阪府。

桜が満開となっている毛馬桜之宮公園で3日に行われたのが、市の職員によるパトロール。

園内には、飲食はせず花見を楽しむ人がいる一方で、シートを敷いて食事などをする花見客の姿も。

職員「シートを敷いての飲食をともなう花見は控えるようお願いしているんです。ご協力お願いします」

職員は、シートを敷いていた花見客に声を掛け、飲食を自粛するよう呼び掛けた。

花見客からは、「屋外だし、リスクあるのかなって。この距離感でなるんだったら、電車通勤で確実になると思う」という声が聞かれた。

市の職員「言ってすぐにやめる人もいれば、飲食をすでに始めているからと、食べ終わってからという人もいる」

大阪府では3日、新たに666人の感染が確認された。

これは、1日の新規感染者としては過去最多となる。

まん延防止の対象となるのは、大阪府では大阪市が、兵庫県では神戸市、西宮市など4つの市で、飲食店の営業が午後8時までとなる。

神戸市民「どこまで控えたらおさまってくれるのか」

大阪市民「やむを得ないかなと思う。困る人も多いでしょうが、全体を見ると致し方ない」、「飲食店だけじゃなくて、ロックダウンみたいに、もう1回休業要請を出した方がいいと思う」

また、大阪、兵庫とともに、まん延防止の適用が決まった宮城県。

その対象となる仙台市では、5日から全ての飲食店で、営業時間を午後8時までとし、新たに映画館などにも時短の協力を呼び掛けることにした。

仙台市では、桜が満開を迎えているが、花見客の姿は、例年と比べると少なくなっている。

一方、新規感染者の増加が続いている東京都。

3日、新たに446人の感染が確認され、4日連続で400人を超えた。

JR新宿駅西口前では、さまざまな感染対策を取ったうえで、北海道の味を楽しめるイベントが開かれている。

訪れた人「ラーメンとジンギスカン丼をいただきました、おいしかったです」、「北海道で食べた味がしました」

会場には、北海道名物、ジンギスカンやスープカレー、カキなどの店が出店している。

訪れた人「おいしい」、「旅行になかなか行けないから、こういうところで味わえるのはいい」

(関西テレビ)
(仙台放送)
(フジテレビ)

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース