全国知事会が協力体制協議 あすから“まん延防止”


宮城・大阪・兵庫の3府県に、5日から「まん延防止等重点措置」が適用されるのを前に、全国知事会はオンライン会議を開き、対応や協力体制などについて協議した。

宮城県・村井嘉浩知事「あすから、まん延防止等重点措置の対象地域になった。しっかりと対策をとっていきたい」

大阪府・吉村洋文知事「変異株の影響というのは、確実にあると思っている。非常に速い速度で感染が広がることは、ほぼ間違いないと思うので、緊張感を持って対応していきたい」

東京都・小池百合子知事「第3波を超える感染拡大の危惧がされる。大変厳しい状況であり、強い危機感をもって進めているところ」

国への提言案では、まん延防止措置の適用について、知事の意見もふまえた迅速・柔軟な発動など、機動的な対応の必要性を強調する一方、影響を受ける飲食や、観光関係の事業者などに、一刻も早い支援を求めている。

また、すでに変異株などによる「第4波」が始まっているととらえ、あらためて基本的な感染防止策の徹底を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン4月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース