空自F-35B 宮崎・新田原基地に飛行隊を新編へ


防衛省は、「離島防衛の要」と位置づける、ステルス戦闘機F-35Bを運用する飛行隊を、宮崎県の新田原基地に新設する方針を固めた。

F-35Bは、短距離での離陸や垂直着陸ができる最新鋭のステルス戦闘機で、離島など、滑走路の短い空港でも離着陸が可能。

防衛省は、沖縄県の尖閣諸島をはじめとする、南西諸島の離島防衛を強化するため、2024年度以降のF-35B配備に合わせ、宮崎県の新田原基地に、飛行隊を新設する方針を固めた。

海上自衛隊の護衛艦「いずも」と「かが」を事実上の空母に改修することで、「艦載機」としての運用も想定されている。

(FNNプライムオンライン4月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース