聖火リレー 岐阜県で2日目 高橋尚子さんら笑顔でつなぐ


東京オリンピック聖火リレーは、岐阜県で2日目を迎え、女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さんらが聖火をつないだ。

岐阜県の聖火リレーは4日、2日目を迎え、下呂市をスタートし、地元出身の義足のプロダンサー・大前光市さんが第1走者を務めた。

その後、各務原市や大垣市などを巡り、岐阜市に到着。

雨が降る中、金華山に運ばれた聖火を、岐阜市出身の俳優・伊藤英明さんが岐阜城までつないだほか、金メダリストの高橋尚子さんが手を振りながら走り抜け、2日間の日程を終えた。

高橋尚子さん「たくさんの方に支えられ、応援をしていただいたことを、あらためて感謝の思いを持ちながら走らせていただきました」

聖火リレーは、5日の愛知県につながれた。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース