人出増加 東京の感染に危機感 「まん延防止」スタート


新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5日から「まん延防止等重点措置」が、宮城県・大阪府・兵庫県の6つの市で始まった。

全国で感染が拡大傾向にある中、今後の政府の対応について、フジテレビ政治部・杉山和希記者が中継でお伝えする。

政府高官は5日朝、東京都への「まん延防止措置」の適用について、「すぐにやる状況ではない」とする一方、新規感染者数が減らない大阪府など、各地域の感染状況を注視する考えを示している。

立憲民主・古賀之士議員「第4波の可能性について、どのようにお考えなのでしょうか?」

菅首相「現時点で、第4波といった全国的な大きなうねりとまではなっていませんが、政府としては強い警戒感を持って対応することが必要」

菅首相は4日、フジテレビの番組で、まん延防止措置の地域の拡大について、「必要であればちゅうちょなくと思っている」と述べたが、東京への早期の適用について、政府内では慎重な意見が多いのが現状。

ある政府関係者は、東京について、「先にやるべきことがある」と述べ、まずは午後8時までの時短など、飲食店対策を強化すべきとの考えを示している。

一方、別の政府高官は、緊急事態宣言解除後の人出の急増と感染者数の増加に危機感を示しており、第4波の懸念に先手を打てるのか、日々問われ続けることになる。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース