ノーベル受賞者、トヨタ社長も 聖火 愛知県に


東京オリンピックの聖火リレーは、岐阜県から愛知県に入り、5日朝、瀬戸市をスタートした。

5日は、せとものの産地・瀬戸市で出発式が行われ、愛知県の最初のランナー、陶芸家・加藤唐三郎さんのトーチに聖火がともされた。

当初予定されていた地元出身の将棋の藤井聡太二冠がランナーを辞退。

それでも沿道では、「密」を避けながら応援する姿が見られた。

愛知県では、5日と6日の2日間、聖火リレーが行われ、ノーベル賞を受賞した天野浩教授や、トヨタ自動車の豊田章男社長も走る予定。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース