多人数会食に「言語道断」 大阪市職員「マスク会食」守らず


職員が「マスク会食」を守らず、大阪市の松井市長が「言語道断」と謝罪。

大阪市・松井一郎市長「言語道断であり、自らルールを守るという当然の話ですけれども、庁内でも徹底して指導してきましたが、市民の皆さんに不信感を持たれる。心からおわび申し上げます。申し訳ありませんでした」

大阪市では3日、福祉局と建設局の職員あわせて5人が新型コロナウイルスに感染していることがわかったが、それぞれ、市民に対し要請している「4人以下でのマスク会食」を守らずに会食していたことがわかった。

大阪市では「マスク会食」の徹底を呼びかけていたが、職員らは会食中、マスクはしていなかったという。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース