「勇気を持って」交番まで案内 4歳迷子助けた9歳小学生


3月14日、東京・白金で迷子になっていた4歳の男の子を助けた勇気ある行動に、9歳小学生の男の子へ感謝状が贈られた。

東京・港区の麻布警察署でピーポくんの出迎えを受け、感謝状を受け取ったのは、この春小学4年生になった名郷根景くん(9)。

名郷根景くん「自分が助けないと、多分大ごとになってやばいなと思ったからです」

4歳の男の子が迷子になったのは、3月14日のこと。

有栖川宮記念公園で、お母さんに叱られたあと、どこかに行ってしまい、行方がわからなくなった。

母親はすぐに探したが見つからず、10分後に110番通報。
警察官40人と警察犬1匹による捜索が始まった。

日も暮れ始めた午後5時半ごろ、名郷根景くんは自宅前で迷子になっていた4歳の男の子を発見。
そこは、公園からは1kmほど離れた場所だった。

名郷根景くん「(男の子は1人だった?)1人でした。近くにお母さんらしい女性がいましたが、歩いてスルーしてどこか行ってしまったので、声を出しました。『悪い人ではないよ』と声をかけたら、少し微妙な顔したんですけど、すぐに安心したような顔でこっち見てうれしかった」

そして、自宅から約500メートル離れた清正公前交番に、景くんが1人で迷子の男の子を連れて行った。

その1時間後の午後6時40分に、男の子は母親とようやく無事に再会した。

名郷根景くん「その子どもがお母さんと会えて、めちゃくちゃうれしいです」

同じ地域に住む母親(30代)「近くにお母さんがいるのかなと思って、見て見ぬふりしちゃうことも大人でもあることなので、9歳の子ができるのは本当にすごい」

勇気ある行動をとった名郷根景くんから、大人たちに対してお願いがあった。

名郷根景くん「もしも子どもが迷子になったら、警察官とか、助ける人が来るまでずっといないので、勇気を持って言ったほうがいいと思います」

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース