東大新総長がコロナ感染 4月1日に就任したばかり

社会


東京大学の藤井輝夫総長が、新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

東京大学によると、藤井総長は、4月3日から体調不良で自宅療養をしていて、5日にPCR検査を行ったところ、感染が判明したという。

症状は軽症で、東京都内の病院に入院しているという。

藤井総長は、4月1日付で総長に就任したばかり。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース