繁華街の人出1~2割減 宮城・大阪・兵庫の5日夜


宮城県・大阪府・兵庫県では、5日夜の繁華街の人出が、1割から2割程度、減少したことがわかった。

ソフトバンクの子会社「Agoop」のデータによると、5日午後9時の人出は、大阪・ミナミでは、前の週の同じ時間に比べて、1割程度減少した。

ミナミでは、2月以降の人出が増加の一途をたどっていたが、およそ2カ月ぶりに減少に転じた。

神戸・三宮駅周辺は、およそ15%減った。

三宮駅周辺では、およそ2週間ぶりの減少となった。

また、仙台・国分町は、2割程度減少し、国分町では減少幅が拡大した形。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース