天皇陛下が種もみまき ことしの豊作願い...


天皇陛下は、2021年の豊作を願い、稲の種もみをまかれた。

ジャンパー姿の陛下は、6日午前11時ごろ、皇居内の苗代に到着された。

稲作は、昭和天皇が始めたもので、上皇さまから陛下へと引き継がれ、その年の豊作を願い、種もみをまくところから、稲の刈り取りまで取り組まれている。

陛下は、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチの種もみを、マスク姿の側近から受け取り、土の上に丁寧にまかれた。

種もみは、およそ40日で苗に育ち、陛下は、5月に自ら田植えをされ、秋に収穫した米は、宮中祭祀(さいし)などに使われる。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース