プーチン氏 83歳まで大統領 続投可能に 出馬の可能性「排除しない」

国際


ロシアのプーチン大統領が、あと15年、大統領で居続けることが可能になった。

ロシアのプーチン大統領が5日、大統領選挙について定めた法律の改正案に署名し、改正法が発効した。

これにより、プーチン大統領の現在の任期である2024年以降も、2期12年、大統領にとどまることが可能になった。

プーチン大統領は、2000年に初めて大統領に就任して以来、いったん首相に退いた期間も含め、20年以上にわたって実権を握っていて、次の大統領選挙への出馬の可能性について、「排除しない」と、含みを持たせている。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース