ニコン一眼レフ国内生産終了へ スマホ普及でカメラ市場縮小

経済・ビジネス


一眼レフの国内生産が終了へ。

カメラも時代が変わろうとしている。

長年、カメラファンを魅了し続けるニコンの一眼レフカメラだが、生産地にある変化が。

ニコンは、70年以上続けていた一眼レフカメラ本体の国内生産を2021年度中に終了し、タイの工場に移管することを決めた。

カメラ本体としては現在、宮城県で生産しているプロ向けの機種、D6が最後の日本製になる。

デジタルカメラ市場は年々縮小傾向で、2012年に1兆4,000億円以上あった市場も、2020年は4,200億円余りにまで落ち込んだ。

その要因とみられるのが、スマートフォンの普及。

スマホのカメラ性能の向上につれて、カメラ離れが進んだ。

カメラ本体の生産が、日本からタイへ移管されることについて、ニコンは、「生産地はどこであれ、高い品質を守れる」としている。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース