変異ウイルス関西で猛威 西村大臣「やがて東京でも...」


新型コロナウイルスの感染者の増加が全国で止まらない。

大阪では、719人と過去最多となった。

大阪府・吉村洋文知事「これは本当にあってはならない、許されない行為。府民の皆さまに心からおわびを申し上げます」

6日、大阪府の吉村知事が陳謝したのは、府の職員による「マスク会食」破り。

3月31日、大阪府の自動車税事務所に勤務する職員14人が、7人ずつ、2カ所で送別会を開催。

知事が求める「マスク会食」は、誰も行っていなかったという。

5日、参加者3人の感染が判明し、ほかに2人が症状を訴えている。

吉村知事「感染拡大の中、4人以下のマスク会食をお願いする中、府職員が破ったあるまじき行為、厳しく対応する」

大阪府では6日、過去最多となる、719人の感染が判明。
8日連続で、東京都の感染者数を上回った。

特に深刻なのが、重症病床の使用率。
3月半ばは20%台だったが、5日は63.8%にまで上昇。

府独自の医療非常事態宣言の基準に迫りつつある。

吉村知事「数日中に、重症病床が70%になると判断をしているので、大阪モデルの赤信号、医療非常事態宣言を出すことになる」

同じく、まん延防止措置が適用されている兵庫県。

6日の新規感染者は、2回目の緊急事態宣言解除後、最も多い276人だった。

西村経済再生相「兵庫では新規陽性者の8割、大阪でも7割が変異株という状況」

関西で猛威を振るっているのは、感染力が1.7倍とされるイギリス型を含む「N501Y」と呼ばれる変異ウイルス。

東京での拡大を政府も警戒している。

西村経済再生相「N501Yが、東京でもそんなに広がっていない状況だが、やがて置き換わっていくと、専門家からも指摘されている。感染力が強いと想定され、かなりのスピードで上がっていく」

東京都では6日、新たに399人の感染を確認。
前の週の同じ曜日を上回るのは、6日連続。

また7日間平均は、396.9人で、前の週の109.8%と増加傾向が続いている。

都の関係者は、7日間平均500人が、まん延防止措置を要請する目安と話していて、今後の増加ペース次第では、今週中にも達する可能性があるとしている。

小池都知事「じわじわ(前週比)100%以上という傾向が続いている。これが変異株の種類によって一気に1.5倍、場合によっては指数関数的に増えることを想定し、対応策を進めている」

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース