小池知事、危機感 「“変異株”対策進める」


東京都の小池知事は6日、新型コロナウイルス専用病床などを視察したあと、「変異株の種類によっては一気に1.5倍、場合によっては指数関数的に増えることも想定しながら、対応策を進めているところです」と述べ、変異ウイルスに対する危機感を示した。

そのうえで、「首都圏でも、大阪などのような感染の波が来てもおかしくない」として、さらに対策を進める考えを明らかにした。

また、「コロナについては、慣れが生じている部分があるかもしれないが、あらためて皆さんとともに、感染防止を進めていきたい」などと、感染予防の徹底を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース