マスク姿で“ウサギ”登場 米・ホワイトハウスに珍客

国際


アメリカのバイデン大統領、ジル夫人とともに、ホワイトハウスのバルコニーに登場したのは、着ぐるみのウサギ。

キリスト教の復活祭「イースター」に合わせたイベントのマスコットで、2021年は、しっかりマスクをつけて、感染予防をアピールした。

ホワイトハウスのサキ報道官「スペシャルゲストです!」

ウサギは、ホワイトハウスの記者会見場にも登場し、壇上に上がると、記者たちの求めに応じてポーズを決めるサービスぶりだった。

一方、例年、多くの子どもたちを招待して行う恒例の卵転がし競争は中止され、バイデン大統領は、「来年は、普段通り祝えることを楽しみにしている」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース