大阪719人・奈良78人 過去最多 全国で2656人の感染確認


6日は、大阪府と奈良県で新型コロナウイルスの1日の感染者数が過去最多となるなど、全国で新たに2,656人の感染が確認された。

大阪府では6日、過去最多となる719人の感染が確認された。

感染者数は8日連続で東京を上回っている。

6日時点で重症者数は149人、重症病床の使用率は66.5%にのぼり、吉村知事は7日にも医療非常事態宣言を出す見通し。

また、兵庫県で2回目の緊急事態宣言が解除されてから最多となる276人の感染が判明した。

県内で確保している病床の使用率が7割を超えていて、井戸知事は6日の会見で、病床を新たに100床増やすと発表した。

奈良県では、5日に続いて過去最多を更新する78人の感染が確認されている。

東京都では399人の感染が確認され、新規感染者数の7日間平均は前の週に比べて109.8%と増加している。

このほか埼玉県で116人、愛知県で112人など、全国で2,656人の感染と28人の死亡が確認されている。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース